歩きにくい|くすのき診療所 神戸 脳神経内科

078-361-2800

歩きにくい

歩きにくくなる

歩きにくい

私たちが日常生活の中で、何気なく行っている「歩く」という動作ですが、某自走車メーカーが開発した「二足歩行」ロボットのぎこちない動作を見てもわかりますように、とても真似のできないほどの精緻な運動です。滑らかな歩行は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉といった、運動に関わるすべての組織が、完璧に機能して初めて可能となります。
逆に言えば、歩きにくいということは、これらの組織のどこかに問題があるということです。筋力の低下、感覚の障害、バランスの障害など、歩きにくくなった原因をみつけることが肝心ですので、まず神経内科医に相談することをおすすめします。

歩きにくくなる原因で考えられる疾患

脳梗塞・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・頚椎症性脊髄症・末梢神経障害・筋炎 など

TOPへ