神経内科とは?|くすのき診療所 神戸 脳神経内科

078-361-2800

神経内科とは?

神経内科とは

神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋肉、およびそれらを栄養する血管(主に脳血管)等の疾患を総合的に診療する内科です。脳神経外科が脳の外科的治療のエキスパートであるのに対して、神経内科は内科的治療のエキスパートです。本邦では、脳神経外科は診療科として確立したイメージが定着していますが、神経内科というのは、今ひとつイメージしにくいかもしれません。そこで、本診療所の名称を、あえて「脳神経内科」と冠しました。神経内科疾患の症状としては「しびれ」や「めまい」、「力がはいらない」、「歩きにくい」、「ふらつく」、「ひきつけ」、「しゃべりにくい」、「頭痛」、「ものわすれ」、「意識がない」などたくさんあります。神経・筋組織は頭のてっぺんから足のつま先まで全身に分布しています。様々な症状に対して、まずは、どこの病気であるかを見極める専門医が神経内科医です。
ひと昔前までは、神経内科疾患は治療法がなく、診断がついても治らないと言われておりました。しかし、近年の医学の進歩は神経内科診療を根本から変えてしまいました。パーキンソン病には多くの種類の飲み薬だけでなく、貼り薬や注射薬まであります。アルツハイマー病も症状改善につながる治療薬が複数あります。重症筋無力症や多発性硬化症には、急性期治療だけでなく、再発を予防し、将来の日常生活を守る治療薬があります。てんかんや頭痛にもたくさんの治療薬が開発されています。神経内科医は、こういった数々の治療法の中から、それぞれの患者様に最適な治療を提供することができるのです。

神経診察(神経学的検査)について

医療行為は4つの要素から成り立っています。問診(医療面接)、診察、検査、治療(投薬や手術)です。その中で神経内科が他の診療科と大きく異なっているのは「神経診察」です。
例えば、お腹が痛くなれば内科に行って、お腹を診てもらいますし、膝が痛くなったら整形外科で膝の診察を受けることになります。でも、頭が痛くなって神経内科にかかると、診察は眼の診察から始まって両手両足まで全身を診察します。どうしてかというと、脳は全身に張り巡らされた末梢神経を介して人体のすべてを管理している臓器なので、全身を診察することにより、脳に問題があるかどうか、あるとすれば脳のどこに問題があるかがわかるのです。
「まず、検査」ではなく、どういう検査が必要か、その検査でどの部位を調べることが必要かを、じっくり時間をかけて診察します。その診察手技が神経診察(神経学的検査)であり、神経内科専門医とは、その手技を会得した専門医なのです。

神経内科における画像検査について

現代は画像検査診断装置がものすごく進歩しています。さらに世界中のMRI機器の1/4は日本にあると言われています。人口当たりのMRI台数はダントツの世界一です。日本のどこにいても、気軽にMRI検査を受けることができます。それによって、日本の診療レベルは大幅に向上し、世界一の長寿国となるのに多大な貢献をしています。とりわけ神経内科の診療現場では、脳の中を詳細に評価できるMRIは不可欠の検査となりました。
MRIはCTと違って被曝の心配がなく、解像度も優れています。でもその分、検査をするときは撮像部位を絞り込むことが必要です。病変が検査範囲の外にあれば、部位を変えて何度もMRI検査をしなければなりません。
神経内科医は、神経診察を通じて、画像診断が本当に必要かどうか、もし必要だとしたら、どの部位の画像を撮るのか、その判断こそが重要と考えます。その過程を経ることで、無駄な検査を省き、かえって効率よく治療に入ることができる場合もあるのです。

一般社団法人 日本神経学会
神戸大学大学院医学研究科・内科学講座 神経内科学分野

TOPへ