力がはいらない|くすのき診療所 神戸 脳神経内科

078-361-2800

力がはいらない

力がはいらない

力がはいらない

私たちは、手足の筋肉を動かして、字を書いたり、物を持ったり、歩いたりしています。力が入らなくなる原因には、脳の病気や脊髄の病気、末梢神経の病気、筋肉の病気など、様々なものがあります。MRIを撮っても原因のわからない病気がたくさんあります。神経内科では、診察をするだけで、おおまかな障害部位を特定してから、適切な検査により診断治療を行います。
でも、急に左右どちらかの手足の力が入らなくなったら、それは脳卒中の疑いがあります。すぐに病院を受診しましょう。

力がはいらなくなる疾患
【筋肉疾患】

筋ジストロフィー、筋炎、重症筋無力症

【末梢神経障害】

ギラン・バレー症候群、手根管症候群、腰部脊柱管狭窄症

【脊髄疾患】

変形性頚椎症、筋萎縮性側索硬化症

【脳】

脳梗塞、脳出血、多発性硬化症

TOPへ