しびれる|くすのき診療所 神戸 脳神経内科

078-361-2800

しびれる

しびれる

しびれる

「しびれる」という言葉にはいろいろな意味があり、「力が入らない」「思うように動かない」といった運動の異常を指すこともありますが、ここでは、「触られた感じが鈍い」「じんじんする」といった感覚の異常についてご説明します。
感覚の受容器は、私たちの体のいたるところにあり、あらゆる部位の病気が感覚の障害を起こします。また、脳、脊髄、末梢神経など、障害の場所によって、しびれの範囲が変わります。 ある日突然に右か左かどちらかの半身の手足がしびれたら、脳卒中の可能性があります。一刻も早く病院を受診しましょう。
両手両足に、まるで手袋と靴下を履いたような感じでしびれるのは、糖尿病に代表される末梢神経障害です。掌だけがしびれていたら、手根管症候群という手首の病気です。 体のどの部分がしびれているのかによって、病気の部位や原因を診断するのは神経内科医の最も得意とするところです。

しびれをきたす病気
【脳の病気】

脳血管障害、多発性硬化症、脳腫瘍など

【脊髄・神経根の病気】

頚椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、後縦靱帯骨化症、脊髄動静脈瘻など

【末梢神経の病気】

慢性炎症性脱髄性多発神経炎、手根管症候群、糖尿病性末梢神経障害 など

TOPへ