しゃべりにくい|くすのき診療所 神戸 脳神経内科

078-361-2800

しゃべりにくい

しゃべりにくい

しゃべりにくい

しゃべりにくい、という症状は2つの異なった状態が考えられます。医学的には「構音障害」と「失語症」と呼び分けて区別します。言葉を話す時に、私たちは喉で音を出して、舌や唇を動かしながら、音を「声」に変えて相手に意思を伝えます。舌が麻痺したり、唇が歪んだりして、話しにくくなる状態が「構音障害」です。一方、自分の思っていることを言葉で表現することができなかったり、言おうとした言葉と違う言葉をしゃべってしまったりする状況が「失語症」です。どちらも脳の障害で起こりますが、ある日突然に生じた場合は、脳梗塞や脳出血などの血管障害の可能性が高いので、すぐに救急病院を受診しましょう。
一方、数週間や数ヶ月かけて、だんだん悪くなってきたり、良くなったり悪くなったりするような時は、パーキンソン病や重症筋無力症など、様々な疾患が考えられます。MRIでは異常が見つからない場合も多く、神経内科医による診察が必要です。

しゃべりにくくなる疾患

脳卒中・パーキンソン病・脊髄小脳変性症・重症筋無力症・顔面神経麻痺 など

TOPへ